低用量ピルについて

女性特有の理由で体調不良が続く方には低用量ピルをおすすめします

低用量ピルとコップ

ピルの服用によって起こりがちな副作用

現在一般的に避妊の目的で用いられている低用量ピルというのは、女性の卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2つのホルモンと同様のはたらきをする物質を化学的に合成し、これを避妊の目的を損なわないようにしながら、できるだけ分量が少なくなるように配合した錠剤タイプの医薬品です。
ピルの副作用で吐きそうになった女性以前は高用量ピルや中用量ピルとよばれる、ホルモンの配合量がきわめて多いタイプのものが出回っていましたが、副作用が発生する頻度も多かったため、現在のようなかたちに落ち着いています。
したがって、昔のものと比べると、ピルの服用による副作用のおそれは格段に低くなってはいますが、それでも飲み始めの数日間程度には、吐き気や嘔吐、むかつき、頭痛、めまい、むくみ、胸の張りなどといった、ちょうど妊娠初期にも似たような副作用が生じる場合があります。
これはピルの服用によって体内でのホルモンのバランスが変化したことによるものですので、飲み続けていれば体が慣れて、やがておさまる一時的なものといえます。
これらの副作用の症状がひどいようであれば、飲み始めからの日数に応じて含まれるホルモンの量が違っている段階型ピルなどの、さらにホルモン量が少ない製品に交換してもらうなどすれば、症状が緩和される可能性があります。
また、既往症がある人、喫煙している人などについては、こうした軽易なものとは別に、血のかたまりが血管内につまって、血液が流れなくなってしまう血栓症という副作用が生じるおそれがあるので要注意です。
初期症状としては、ふくらはぎなどにむくみができる、手足がしびれる、胸が痛むなどというものが挙げられますが、放置しておくと、外出先などで意識がなくなって倒れてしまういったことにもなりかねません。